SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

若くして技術士に合格する方法

メールマガジン「若くして技術士に合格する方法」のサイト
<< 複数部門を受験するということ | main | グローバルエンジニア 世界で活躍する技術者になるには >>
国家試験「技術士第二次試験」合格のコツ 論文&口頭試験戦略
0


    技術者最高峰の国家資格「技術士」の試験方法が半世紀ぶりに大
    改正された。筆記試験の合格者のみが体験論文を提出して口頭試験を受けること
    に大きく変更された。しかし、論文の書き方はより高度なものが要求されて
    依然とてハードルは高く、なかなかの難関です。本書は、試験方法改正の内容お
    よび多くの対策講座で得られた指導ノウハウを豊富に盛り込んだ究極の技術士第
    二次受験対策本として"合格のコツ"改訂版を書き下ろしたものです。
    特に第一線で活躍されている技術士の貴重な模範体験論文事例を改正後指定文
    字数3000文字で記述した9編を公開したほか過去5年間の出題傾向な
    ど最新の情報を満載しています。

    内容(「BOOK」データベースより)
    建設・環境・上下水道・機械・情報工学・電気電子・農業・総合技術監理部門などすべての技術部門に共通した内容。専門論文&技術体験論文の書き方と秘訣過去5年間の出題傾向分析・対策。道路・土質及び基礎・環境測定分析・上水道及び工業用水道・下水道・機械設計・情報システム・電気応用・電気設備・農業土木…など主な模範体験論文を図表等含めた3,000字以内A4用紙2枚で一挙公開。

    出版社からのコメント
    試験方法改正後の新制度の内容に対する最適参考書!
    主な技術部門の模範技術的体験論文を新形式で公開!
    総合技術監理部門の解説についても最新情報を掲載!
    過去五年間の出題傾向分析(平成14年度~平成18年度)

    著者からのコメント
    <本書籍の戦略的・具体的な活用法>
    受験者自身の技術業務内容を基に、合格できる業績論文作成ために
    JOB分析シートを活用して、自分に適した論文テーマを決めることが重要な課
    題である。過去の出題傾向を参考にする。また、筆記合格者のみが口頭試験の前
    に提出する模範技術的体験論文の内容や表現のコツも体得する。
    <受験勉強の参考書・最低二冊は必要!>
    合格のルール・コツ・秘訣・テクニック、戦略的、効率的な勉強法を身に付け
    て、余分な回り道をしない受験準備を着実に進めることである。まずは、本書で
    徹底的に基本ルールを習得、さらに得意とする技術専門分野について掘り下げて
    書かれた専門書を参考にすることが、最短で合格するための受験対策と考察す
    る。

    カバーの折り返し
    建設・環境・上下水道・機械・情報工学・電気電子・農業・・総合
    技術監理部門などすべての技術部門に共通した内容
    練習用用紙600字詰答案用紙・複写原紙はカバー裏側に印刷!

    著者について
    技術士仲間の頭脳集団
    PEサポートネットワーク編著・編者
    (社)日本技術士会正会員
    ・足立富士夫・加藤央・小久保優・深川仁

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    足立 富士夫
    CFA技術士事務所所長。省エネ融雪システムなどのコンサルタント。技術士第二次試験元試験委員および元広報、CPD委員。社団法人日本技術士会正会員

    加藤 央
    加藤技術コンサルタント代表。ISO取得支援指導、経営コンサルタント。社団法人日本技術士会正会員

    小久保 優
    小久保都市開発研究所所長。建設および環境に関する都市開発コンサルタント。社団法人日本技術士会正会員

    深川 仁
    企業内技術士、機械工学関連企業。社団法人日本技術士会正会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    合格は紙一重(初版から四版)
    第一線で活躍している技術士の執筆、合格は紙一重(初版から四版)

    合格のコツ(初版)2005年
    半世紀ぶりの試験法の大改正による改訂版への見直し
    | 若くして技術士に合格するための書籍 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。